名演から学ぶ、ジャズアドリブ研究

~脱初心者を目指す方へのジャズ研究ブログ~                                                              

"Billie's Bounce" by Charlie Parker

スポンサーリンク

     

 

ジャズブルースの定番でセッションでもよく演奏されます。動画には最初のテーマメロディがありませんが、パーカーの曲はテーマから既にフレーズネタの宝庫ですので、ぜひ分析してみましょう。

 

 

 

 アルトサックスなのでE♭譜ではkey=Dになります。実音(コンサートキー)ではkey=Fですね。まず最初の1~3小節を抜き出してみます(0:05~0:10)。

 

f:id:loopin:20160602124924j:plain

 

パーカーは1~2小節目のフレーズを、この曲と並んで有名なブルース「Now’s The Time」のソロ冒頭でも全く同じように吹いています。彼の手癖か、あらかじめ作っておいたのでしょう。

 

2小節目G7の3~4拍目はF#、D、B、Aという、DM7のトニック代理にあたるⅥ度Bm7のコード分解になっています。ここまではDM7的音使いでブルース色は希薄です。

 

しかし3小節目で短3度Fと短7度CというDメジャーにとってのブルーノートを吹いてブルースらしさを演出しているのがミソですね。

 

次に9~10小節目のⅡⅤにおけるフレーズを見てみると(0:17~0:22)

 

f:id:loopin:20160602125159j:plain

 

 

Em7のコードトーンを駆け上がり、B、B♭、そして次のA7の1拍目のAと半音で下がっていきます。

 

またA7のフレーズは最初の2小節目のG7で吹いているのと全く同じな点に注目。

 

次に32小節のⅡⅤを見てみましょう(0:51~0:53)

 f:id:loopin:20160602125252j:plain

 

 

1拍目のフレーズはF#フリジアン的な節回し、2拍目のD#から3拍目裏のC♮までは短3度音程が連続するD#ディミニッシュスケールですね。マイナーコードに向かうドミナント7thコード上で多用されます。

 

最後に45~46小節のⅡⅤフレーズです(1:12~1:14)

 

f:id:loopin:20160602125359j:plain

 

 

3拍目にD#というEm7にとっての長7度が入っているため、Eメロディックマイナーを吹いているようです。

 

Ⅱm7ではドリアンスケールを使用するのが一般的といわれていますが、ジャズではm7上でメロディックマイナーを使用する例が多くみられます。これもジャズらしい演奏をするポイントですね。

 

ブルースのコード進行やスケールについてはこちらも参照してみてください

http://loopin.hatenablog.com/entry/2016/07/07/171301