名演から学ぶ、ジャズアドリブ研究

~脱初心者を目指す方へのジャズ研究ブログ~                                                              

音楽理論講座(8)~ダイアトニックとペンタトニック~

スポンサーリンク

前回の講座(7)でも少し触れましたが、長調(メジャーキー)とは長3度の音、短調(マイナーキー)は短3度の音があるか否かで決まります。

 

おさらいになりますが、Cメジャーキーで構成する音を見てみると

 

f:id:loopin:20160708151841j:plain

 

すべて幹音、ピアノの白鍵だけで構成されています。要は3度と4度、7度と8度が半音で隣接し、後は全音で隣接するという形をとる音階のことをメジャースケール、正確にはダイアトニックスケールといいます。つまりドレミファソラシドはCメジャーダイアトニックスケールという名称になるわけです。

 

そしてこのCダイアトニックは同時にAマイナースケールという異名同音階にもなります。前回お話した並行調の関係です。

 

 ではトニックをC以外の別の音に変えて、12のキー全てのダイアトニックスケールを確認しましょう。ここでいくつか挙げてみます。

 

f:id:loopin:20160711145621j:plain

 

Dメジャーダイアトニックスケールです。Dをトニックとすると長3度はF#になり、長7度はC#になります。並行調はBマイナー。

 

f:id:loopin:20160711153905j:plain

 

Fメジャーは完全4度がB♭になります。並行調はDマイナー。

 

f:id:loopin:20160711154216j:plain

 

Aメジャーは3度、6度、7度に#が付きます。並行調はF#マイナー。

 

最初はなるべく調号の少ないキーから覚えていけばいいでしょう。♭系ならFとB♭、#系ならGとDから徐々に攻めていきましょう。

 

このダイアトニックスケールは西洋音楽、ひいては今我々が慣れ親しんでいるポピュラー音楽全般の基本的音階になっています。

 

しかし世界の様々な民族音楽などでは7音階のダイアトニックスケールではなく、5つの音で構成されるペンタトニックスケールが多くみられます。

 

f:id:loopin:20160711165833j:plain

 

中でもメジャーペンタトニックはケルト音楽や日本の童謡などに使われるどこか懐かしさ、郷愁をそそる雰囲気が特徴ですね。具体的にはダイアトニックから4度と7度の音を抜いた音階です。Cメジャーペンタトニックは

 

C(完全1度)、D(長2度)、E(長3度)、G(完全5度)、A(長6度)

 

の5つの音で、要はダイアトニックから半音程を無くした音階とも解釈できます。これも並行調に変えるとAマイナーのペンタトニックスケールになります。

 

A(完全1度)、C(短3度)、D(完全4度)、E(完全5度)、G(短7度)

 

半音程が無いのでその分歌いやすく親しみやすい半面、ちょっと単調に感じる音階でもあります。

 

しかしこの単調さ、シンプルさが世界各地の民謡からブルースやロックに至るまで使われる所以でもあり、ストレートな感情表現に最適なんでしょうね。