名演から学ぶ、ジャズアドリブ研究

~脱初心者を目指す方へのジャズ研究ブログ~                                                              

MENU

音楽理論講座(15)~ジャズの基本にして究極 ⅡⅤ進行~

前回お話したように、ドミナントモーションはⅤ7(D)がⅠM(T)に進行すると

 

  • V7のコード構成音である3度と7度のトライトーン音程が、ⅠMのコード構成音である1度と3度に半音で進行する 

         ⇒トライトーンの解決 

  • Ⅴ7のルート音がⅠMのルート音に5度下降(=4度上行)する

         ⇒5度進行(強進行)

 

という2つの要素によって成立するというものでしたね。しかしジャズではこのⅤ7→ⅠMという進行の前にサブドミナントに属するⅡm7を置くことが半ば常識になっています。

 

Ⅱm7はサブドミナントコード(SD)であるⅣMの代理コードです。これがなぜⅤ7の前に来るのか?Cメジャーキーで説明すると、これはDm7(Ⅱ)→G7(Ⅴ)という進行のルート音が5度進行になっているからで、同じSDのFM7(Ⅳ)→G7(Ⅴ)だと5度進行が成立しないからです。

 

同様の理由でDの代理コードであるBΦ7(ⅦΦ7)が使われないのも、サブドミナントコードからの5度進行が成立しないからというわけですね。

 

付け加えると、SDコードにはダイアトニックスケール上のⅣ音(CメジャーキーではF)が存在します。

        

        f:id:loopin:20160824173343j:plain

このⅣ音Fはトライトーンの一方の音で、サブドミナント特有の淡い不安定感の理由となる音です。これがドミナントコードに進行するとトライトーン(CメジャーキーではFとB)を形成し、強い不安定感、緊張感を感じさせ、最後にトニックの安定感、解決感で一件落着、という事になります。

 

 f:id:loopin:20160827153934j:plain

 

つまりサブドミナント代理のⅡからドミナントのⅤへ、という進行によってトライトーンが徐々に形成され、同時に5度進行するルート音がトライトーンの形成を強い進行感によって補強する役割を果たします。これをⅡⅤ進行といいます。

 

トライトーンを持つドミナントコードが突然現れるよりも、サブドミナントを前に置くことでよりコード間の繋ぎが滑らかになり、よりトニックへの解決を強く促すことになるわけですね。

 

このⅡⅤ進行はジャズの最大の特徴であり、ジャズをジャズたらしめるアイデンティティーのようですらあります。この進行を覚え演奏できてやっとジャズの醍醐味が味わえるでしょう。

 

これを12のキーで覚えるためには、5度進行の際に説明した5度圏の図が有効です。

 

f:id:loopin:20160808173305j:plain

 

Cが時計盤でいう0時にありますね。

これをトニックとすると左隣りのGはドミナントのG7、そのさらに左隣のDはDm7とするとこの部分はCメジャーキーのDm7(Ⅱ)→G7(Ⅴ)というⅡⅤ進行になります。

 

同様に3時の位置にあるE♭をトニックにすると、左隣のB♭、その隣のFはE♭メジャーキーのFm7(Ⅱ)→B♭7(Ⅴ)というⅡⅤ進行です。

 

このようにして12のキーのⅡⅤ進行を割り出すといいでしょう。

 

 

 

 

 

 当ブログの内容や理論面で分からない事、疑問点などがあれば、是非ご質問下さい。

 また音楽理論を本格的に勉強したい方のために理論書を作りましたので、興味のある方は御一考を。

loopin.hatenablog.com