音楽理論講座(5)~臨時記号の範囲~



#や♭などの臨時記号はある音を半音上げたり下げたりする働きがあるわけですが、それはあくまでその小節の中だけです。

f:id:loopin:20160705112917j:plain

最初の小節はどちらの音もC#、次の小節はどちらもCの音です。

またオクターブ違う音は臨時記号の効力が及びません。

f:id:loopin:20160705113713j:plain

左から順に、C#、C、|C♭、Cになりますね。

そして♮を使えば、その小節内で音が幹音に戻ります。

f:id:loopin:20160705114403j:plain

左からC#、C、C,|C♭、C♭、Cですね。

なので例えば、半音で上がり下がりするメロディがあったとすると、

f:id:loopin:20160705115705j:plain

C、D♭、D♮、E♭、E♮・・・と書くと臨時記号が多くなってみにくいので、

f:id:loopin:20160705120125j:plain

C、C#、D、D#・・・というように上昇のときは#を使い、下降していく時は逆に♭をはさんでいくと見やすいですね。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク