音楽理論講座(6)~転回音程とは~



先に(3)の~音程とその数え方~で、音程は2つの音の距離を表現したものだと説明しました。Cから見てDは長2度、だとかいうやつですね。

でも音楽は低い所から高い所へ、またその逆へも流れていく、いわば無重力空間です。

その意味ではCにとってDは長2度ですが、逆にDにとってCは短7度の音程になります。

f:id:loopin:20160705145458j:plain

CにとってDは長2度上と同時に、短7度下の関係でもあるわけです。オクターブの違いは関係ありません。

このような一つの音程を逆からみた場合を音程の転回形といいます。

音程は転回すると長は短に、短は長にひっくり返ります。そして数字を足すと必ず9になるという特徴があります。

しかし完全音程である4度と5度では、たとえひっくり返しても完全音程のままです。CにとってFは完全4度ですが、FにとってCは完全5度の関係です。

f:id:loopin:20160705150808j:plain

完全音程とは周波数比でぴったり倍数の関係になる音程、ということです。そのためどちらから見ても関係性が崩れない音程なのですね。

逆に長短音程は転回すると、つまりどちらの音を主軸に据えるかで響きが長(Major)か短(minor)かに変化します。

一見不協和な音程が、オクターブをまたぐだけで全く別の響きに変わってしまうわけですから、音楽は不思議ですね。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク