”Just Friends”  コードとスケール分析



ジャムセッションの定番曲ですね。この曲の名演は数多いですが、ギター弾きにとってはやはり巨匠パット・マルティーノのデビュー作「El Hombre」収録の演奏が真っ先に浮かびます。

白状しますが、昔これを耳コピしようとしてテーマ部分で挫折した思い出があります(>_<)

私は個人的にこの曲の構造を理解し、ある程度自由にアドリブが取れれば、ひとまず初心者の域は脱したといえる、そんな試金石のような曲であると思っています。

余談ですが、この「Just friends」の作曲者ジョン・クレナーはチャーリー・パーカーと同じ年の1955年に亡くなっています。なので死後60年経った現在は著作権フリーとなっていますね。

こと音楽関係のブログで著作権の問題は悩まされる所ですが、この曲に関しては心配無用です^^。それでは分析してみましょう。

f:id:loopin:20171120231143p:plain

この曲のキーはFメジャーですが出だしのコードはB♭M7。ですのでこれはⅠ度のトニックコードではなく、Ⅳ度のサブドミナントコードですね。

なのでここでのスケールはB♭リディアン、つまりFメジャースケールという事になります。B♭メジャースケールではありませんので間違えないように。

3,4小節は置いておき、5,6小節のFM7に注目。トニックコードには代理和音が2つ存在します。

FM7(ⅠM7)Am7(Ⅲm7)=Dm7(Ⅵm7)

この中でⅢ度のAm7を5小節目のFM7の代わりに置き変え、6小節目にD7を置いてⅡⅤ進行を作ります。

こうすると3小節目のB♭m7から10小節目のC7まで、ⅡⅤ進行が半音ずつ下降していく形になります。

B♭m7 | E♭7 | FM7  | 〃  |

A♭m7 | D♭7 | Gm7  | C7 |

B♭m7 | E♭7 | Am7  | D7  |

A♭m7 | D♭7 | Gm7  | C7 |

そして9,10小節の Gm7  | C7  はFM7ではなく、もう一つのトニック代理である12小節目のDm7に解決しています。さらにDm7の直前に Em7-5 A7 のⅡⅤを置いて、よりⅥ度Dm7への進行感、解決感を強めています。

ちなみに9、10小節はトニックの代理和音へ向かっているので、これは偽終止(ディセプティブケーデンス)というやつですね。

これはリハーモナイズの一例ですが、この進行がもっともアドリブの取りやすい進行だと思います。

使用可能なスケールは〇m7ではドリアンかメロディックマイナー、〇7ではミクソリディアンやリディアン♭7などを使うのがセオリーです。

一般にⅣ度上のコードに解決していない〇7はこの二つのスケールを使うとされていますが、実際は例外も多いので自身の耳と感性を頼りに色々なスケールを試してみて下さい。

ただ11小節の Em7-5 A7  は次のDm7に5度進行で解決しているので、ここはDマイナースケールへ転調していることになります。

A7でのスケールも、♭系のテンションが入ったオルタードスケールを使い、マイナーへの解決を促します。

そして13,14小節のG7はFメジャーキーのⅡ7、つまりドミナントのⅤ度C7へ進むダブルドミナントですね。ここでリディアン♭7スケールを使うのもジャズの定石です。

いかがでしたでしょうか。この曲はコード進行もメロディも易しすぎず難しすぎずで、「Blue Bossa」と並び脱初心者におすすめの曲ですね。

この曲のアドリブフレーズの具体例はこちらを参考にしてみてください。

https://www.loopinjazz.com/entry/2016/08/07/162126

—————————————-

  •  全15回 音楽理論「基本のキ」 メルマガ講座

この講座では、まず最初に知っておくべき最低限のことだけを解説

しています。
もしあなたが音楽理論を学んでみたいのであれば、まずはここから
手をつけてみては?

—————————————-



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク